調理時間を短縮するコツ

家事の中でも時間がかかると考えられる毎日のお料理。
家族が増えれば栄養バランスや料理のバリエーションも増やしたりと、なかなか手がかかります。
年齢層の高い家族と生活している場合は、噛みやすいメニューに仕上げるためのひと手間など配慮が必要になります。
実際、料理にどれくらいの時間をかけているか、主婦層を中心にアンケートを行った結果、朝食で約15分、夕食は約51分掛けているということがわかりました。
1日に平均すると1時間22分を料理に費やしているという調査結果があります。
中でも夕食は品数も多いため、支度に1時間以上かかるいう人は全体の半数を占めているそうです。
1か月に換算すると、40時間以上、費やしていることになりますね。
家事は料理だけではありませんし、家事以外にもやりたいことは山ほどあるはず。
約8割の人が、もっと料理にかける時間を短縮したい、思っているといいます。
もちろん、熟練すれば、調理にかける時間も短縮できるでしょうが、中にはお料理が得意でない人もいらっしゃいます。
そこで活躍するのが、時短調理を可能にする便利調理器具たちです。
中でも、煮る、焼く、蒸す、といった加熱調理をボタン一つでお任せできてしまう調理家電は、加熱時間も短く、電気の使用時間も短縮できます。
料理をする人の負担の軽減と共に、Co2 の節約にも一役買ってくれるんです。
ここでは、調理時間の短縮に役立つ便利な調理器具について、まとめてみました。

調理にかける時間は

家事の中でも多くの時間を占めているのはやはり料理です。 休みの時に、野菜や肉などの食材をあらかじめカットしておき、冷凍保存して置いたり、買い物を1週間まとめて行っておく、など、皆さん工夫には余念がありません。 とはいえ、どうしても加熱したり、盛り付けしたりと、調理には時間がかかってしまうものです。

加熱調理の時短には

料理には煮る、焼く、炒める、蒸すなど、熱を通す工程が必ずと言っていいほどあります。 加熱時間はメニューによって様々ですが、鍋やフライパンなどの調理器具を熱伝導の良い素材の物にしたり、家電調理器具の力を借りるると、時間を短縮、あるいは、放置して他の作業に取り掛かるなんてこともできますよ。

電子レンジの普及率はほぼ100%?

一人暮らしのお部屋にも必ずあるといってもよいほどの電子レンジ。 その普及率は96%! 冷蔵庫が98%、テレビが96%、これに並ぶ程になっているんです。 もはや1家に1台という大ヒット家電なんですよ。 スイッチを入れれば自働で温めてくれる電子レンジを、時短料理に活用しない手はないですね。